給湯機の貯湯タンク、6割が固定状況に不備

固定不十分だと震度6程度で転倒の恐れ

2011年の東日本大震災や、2016年の熊本地震では、エコキュートなど給湯器の貯湯タンクが転倒する事故が多発。物的、人的な被害につながる恐れもあることから、対策の必要性が訴えられてきた。しかし、2018年6月7日に国民生活センターが公表した貯湯タンク設置状況の実態調査の結果によると、6割の家庭で、国土交通省の告示に沿ったアンカーボルトによる固定が行われていなかったことが判明。振動試験では、固定が不十分だと1回の地震で転倒するとの結果も出ており、同センターは対策を呼び掛けている。
情報提供:株式会社 日本住宅新聞(2018年6月)